代表挨拶


 

 

OPETS代表  斉藤健一

はじめまして。OPETS(オ―ペッツ)代表の斉藤健一です。HPをご覧頂きありがとうございます。

私は「英語」はあくまで手段に過ぎないと思っています。

仕事や趣味、人間関係を豊かにするために「英語」を勉強するのであって、「英語をマスターする」が最終目的ではないはずです。

しかし、手段に過ぎないはずの英語に「挑戦しては挫折し…」を繰り返し、英語の先になかなか進めない方が大勢いらっしゃいます。

「英語なんかのせいで夢をあきらめてほしくない」

これが私がOPETS(オ―ペッツ)を始めた原点です。

語学はスポーツや音楽と同じで、 

①「適切なやり方」で

②「習慣的にトレーニング」

できるかどうかが鍵をにぎっています。

OPETS(オ―ペッツ)は、毎週のレッスンで「適切なやり方」の指示を出し、毎日、進捗度合いをチェックして「習慣的にトレーニング」させるという体制で、英語学習のお手伝いをさせて頂きます。

私たちはアジアNo.1の結果が出る語学スクールを目指しています。英語は、私たちにお任せください。

 

 代表プロフィール 

斉藤健一 

1984年生まれ。福岡在住。

■オンライン英語スクール『OPETS』代表。

北九州予備校講師。東進ハイスクール特別講師。

英検1級取得。

■高校3年時は全国模試偏差値37.9と英語が大の苦手。一時は英語が理由で大学をあきらめかけるも、予備校で出会った先生がきっかけで英語ができるようになり、なんとか大学進学を果たす。この経験から「英語で夢をあきらめる生徒をなくしたい」という思いを抱き、英語講師を志す。

■大学時代は英語を使うトレーニングを毎日積み重ね、一度も留学することなく、TOEIC900&英検1級合格を達成。通訳コンテスト優勝多数。英語ディベート大会特別選抜。

■2008年、新卒で予備校講師デビューを果たし、初年度から講師アンケート1位。デビューから4年で予備校界のトップブランド、東進ハイスクールの第1回講師オーディションに合格。現在も予備校で大学受験生対象に英語の講義を行っている。

■より多くの「英語に苦しむ人・英語のせいで夢がかなわない人」を救いたいという思いからOPETSを立ち上げ、受験生という枠組みを超えて、大学生の英語学習もサポートしている。

■著書(共著)に、『発音・アクセントプラチナルール』(KADOKAWA出版)がある。