顧問紹介


 

Nigel Stott​
英国出身、福岡県在住。

■2016年10月より、OPETS顧問に就任。
元大学准教授。今も非常勤講師として大学の教壇に立つ傍ら、福岡県にある英会話学校Eigocenterの代表も務める。教鞭をとった大学は、九州大学、福岡女子大学、福岡県立大学、福岡教育大学、九州産業大学など。

■イギリスでは高校の科学教員としての資格を取り、来日する前はイギリスで生物等を教えていた。1994年、高校のALTとして来日。県教育センターで2年勤めた後、1998年、TESOL(英語教授法)修士を習得。

■英国と日本の架け橋の役割を果たしたいという思いから、少人数クラスの授業と成果ある海外研修の運営の実現に尽力している。自身が手掛ける海外研修には、2005年以降、延べ1000名を超える大学生・高校生が参加している。

■著書に『Success in English Conversation』、『Twenty Ways to See the World』がある