合宿


OPETS国内留学合宿
~絶対に日本語をしゃべってはいけない4泊5日~
2018年 3月9日(金)~13日(火)

 

\ こんな人におすすめ /

大学生のうちに英語を話せるようになりたい!
英語を勉強している同年代の仲間が欲しい!
留学前に自分の英語力を試したい!
留学したいけどお金が無い!

ちなみに・・・
OPETSとは大学生対象オンライン英語スクールです。
詳しくはコチラ>>>

 

\ OPETS国内留学合宿の魅力 /

①4泊5日とにかく英語漬け!
突然ですが、「海外留学=英語をたくさん使う」は本当ですか?
国際化が進み、英語を使わないといけない状況は山ほどあります。しかし同時に、「本当に何日間も英語しか使えない状況」を作るのは、近年、非常に難しくなってきているのではないでしょうか。海外留学に行ったとしても、
留学先に日本人がいたら日本語を使うでしょう。
ネット環境さえあれば一瞬で日本とつながります。
疲れたら誰とも話さず、ただ時が過ぎるのを待つこともできます。
こんな中、
OPETSの国内留学合宿は、日本で、日本人との共同生活、先生も日本人ですが、「絶対に英語しか使ってはいけない」環境を創出し、「生きていくには英語をしゃべらざるをえない」状態に追い込みます。
「留学していた1ヶ月よりもこの4泊5日間の方がしゃべれるようになった」という声を頂きましたが、これは当たり前の結果だと思います。

②意識の高い友達が全国に出来る!
OPETS国内留学の参加者は毎回、大学、学部、学年、英語力全てがバラバラです。
しかし、共通点があります。それは「英語しかしゃべってはいけない合宿」にお金を払って参加するモチベーションを持っている、という点です。そりゃ、意識が高い人ばかりに決まってる!実際、みんな口を揃えて「メンバーが最高だった」と言っていました。合宿が終了してから、今でも参加者同士の交流は続いているようです。


③その後の英語学習法が身に着く!
合宿中は英語でのコミュニケーションをとること以外にも、効率的な英語の学習法そのものを、レッスンを通して実践的に習得してもらえるようなカリキュラムになっています。合宿はたった4泊5日ですが、ここで効率の良い学習方法を身に付けることで、合宿から帰った後の英語学習を有益なものにしてほしいという想いのもと、綿密にカリキュラムを組んでいます。

前回(2017年8月開催)の
国内留学合宿レポートはコチラ>>>

\ 詳細 /

[日時]
2018年 3月9日(金)~13日(火)の4泊5日間

[場所]
長崎県諫早市(集合場所は福岡県博多駅)

[価格]
44,000~55,000円

[締切]
早得① 12月20日(水)

早得② 1月20日(土)
最終締切 2月9日(金)

[定員]
40名(定員に達し次第締切らせて頂きます。)

\\ 参加者の声 //

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

スポーツ大会では、知らなかった一面が見れてすごく楽しかったです。音楽が大好きなのでミュージックタイムでリラックスできました。
一番印象深いのは、ドラマコンテストで、一生懸命練習したけど本番笑ってしまって、でも皆が笑ってたので楽しく出来て良かったと思います。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい。

初日が終わった時、みんなレベルが高くて「すぐに帰りたい、日本語が恋しい」と思っていました。でもみんな私にとても優しくしてくれて、こんな親切な人達と仲良くなれたのが一番の思い出になりました。ペラペラにはなれなかったけど、英語で話すことが楽しいと初めて思えたし、人とコミュニケーションがとれることが幸せだなと感じました。せっかく英語が好きな人達と出会えて、仲良くなれたのでこれからもこの出会いを大切に英語を楽しみたいと思います。ありがとうございました。

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

全部印象に残っていて選べません。
でも、最後に(合宿のエンディング)ビデオを観たときに、合宿1日めのことがとても昔のことのように感じました。それだけ充実した濃厚な5日間を過ごすことが出来ました。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい。

スピーキングの授業では、みか先生が初日に「グラマー(文法)とか気にしないで楽しんで!」と言ってくれたので、皆との会話を楽しむことができた。
くま先生の授業では、リスニング向上法が分かったし、Thinking Timeでは英語で皆の意見を聞いたり、自分の意見を即興で考えて言う練習が出来た。
さいけん(斉藤)先生の授業では、大勢の前で自分の意見を言うことが苦手だったけど、今回チームの皆がとても協力してくれたから、少し自信がついた。
ドラマコンテストは、合宿に来る前は(前回の合宿でうまく出来なかったので)少しトラウマだったけど、同じチームのメンバーのおかげで何とか成功させることができて良かった。今回が初めてのコンテストだった人もいるのに、皆堂々と演じていてスゴイなぁと思った。
スポーツやごはん、花火、レクリエーションの時間も楽しかった。新しい友達もたくさんできたし、本当に参加してよかった。
本当にありがとうございました。

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

全部1日1日の行事が楽しくて、1つにしぼれません。

ドラマの練習は、チームで結論(結末)を考えたり、一番チームメイトといる時間が長くて、仲良くなることが出来ました。2日目のスポーツでは、さらに皆と仲良くなることが出来ました。スポーツの時の声掛けフレーズも、使うことができていい体験になりました。Cookingの時間には、チームの人と協力してカレーを作ったので、とてもおいしかったです。
ドラマコンテストでは、各チーム同じ台本とは思えないくらい、それぞれに個性があって、すごく楽しかったです。花火もみんなでわいわい&ギターでSingめっちゃたのしかったです。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい。

参加することを決めた時は、まだ少しボヤっとしていました。私はOPETS生ではないし、応募も1人でしたので、とても緊張していました。でも、皆優しいし、たくさん気軽に話しかけてくれ、とてもうれしかったし、安心しました。
英語好きな人とかは、仲良くなったらすぐにFamilyというのが最初はあんまりしっくりこなかったけど、合宿を終えて思うのは、これがFamilyなんだなと納得できました。日本語では言えないことも、英語ならいえたりするので、日ごろの感謝とかも、さらっと言えて、とてもいい言語だなと思いました。それと同時に、私は大学1年だったのですが、周りは先輩ばかりでちょっと気を遣うかなと思ったけど、英語には敬語がないし、みんな一生懸命自分のいいたいことを伝えようとするので、とても、相手を見たりジェスチャーをして、楽しかったです。この合宿は私にとって、とても大きな経験となりました。また次があれば絶対参加したいと思います。

お申し込みはコチラ

OPETS
国内留学合宿

~絶対に日本語をしゃべってはいけない4泊5日~
2018年 3月9日(金)~13日(火)

 

\ こんな人におすすめ /

大学生のうちに英語を話せるようになりたい!
英語を勉強している同年代の仲間が欲しい!
留学前に自分の英語力を試したい!
留学したいけどお金が無い!

ちなみに・・・
OPETSとは大学生対象
オンライン英語スクールです。

詳しくはコチラ>>>

OPETS国内留学合宿の
\ 三大魅力 /

①4泊5日とにかく英語漬け!
OPETSの国内留学合宿は、日本で、日本人との共同生活、先生も日本人ですが、「絶対に英語しか使ってはいけない」環境を創出し、「生きていくには英語をしゃべらざるをえない」状態に追い込みます。
「留学していた1ヶ月よりもこの4泊5日間の方がしゃべれるようになった」という声を頂きましたが、これは当たり前の結果だと思います。

②意識の高い友達が全国に出来る!
OPETS国内留学の参加者は毎回、大学、学部、学年、英語力全てがバラバラです。
しかし、共通点があります。それは「英語しかしゃべってはいけない合宿」にお金を払って参加するモチベーションを持っている、という点です。そりゃ、意識が高い人ばかりに決まってる!実際、みんな口を揃えて「メンバーが最高だった」と言っていました。合宿が終了してから、今でも参加者同士の交流は続いているようです。


③その後の英語学習法が身に着く!
合宿中は英語でのコミュニケーションをとること以外にも、効率的な英語の学習法そのものを、レッスンを通して実践的に習得してもらえるようなカリキュラムになっています。合宿はたった4泊5日ですが、ここで効率のいい学習方法を身に付けることで、合宿から帰った後の英語学習を有益なものにしてほしいという想いのもと、綿密にカリキュラムを組んでいます。

前回(2017年8月開催)の
国内留学合宿レポートはコチラ>>>

\ 詳細 /

[日時]
2018年 3月9日(金)~13日(火)の4泊5日間
[場所]
長崎県諫早市(集合場所は福岡県博多駅)

[価格]
44,000~55,000円

[締切]
早得① 12月20日(水)

早得② 1月20日(土)
最終締切 2月9日(金)

[定員]
40名(定員に達し次第締切らせて頂きます。)

\\ 参加者の声 //

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

スポーツ大会では、知らなかった一面が見れてすごく楽しかったです。音楽が大好きなのでミュージックタイムでリラックスできました。
一番印象深いのは、ドラマコンテストで、一生懸命練習したけど本番笑ってしまって、でも皆が笑ってたので楽しく出来て良かったと思います。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい

初日が終わった時、みんなレベルが高くて「すぐに帰りたい、日本語が恋しい」と思っていました。でもみんな私にとても優しくしてくれて、こんな親切な人達と仲良くなれたのが一番の思い出になりました。ペラペラにはなれなかったけど、英語で話すことが楽しいと初めて思えたし、人とコミュニケーションがとれることが幸せだなと感じました。せっかく英語が好きな人達と出会えて、仲良くなれたのでこれからもこの出会いを大切に英語を楽しみたいと思います。ありがとうございました。

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

全部印象に残っていて選べません。
でも、最後に(合宿のエンディング)ビデオを観たときに、合宿1日めのことがとても昔のことのように感じました。それだけ充実した濃厚な5日間を過ごすことが出来ました。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい。

スピーキングの授業では、みか先生が初日に「グラマー(文法)とか気にしないで楽しんで!」と言ってくれたので、皆との会話を楽しむことができた。
くま先生の授業では、リスニング向上法が分かったし、Thinking Timeでは英語で皆の意見を聞いたり、自分の意見を即興で考えて言う練習が出来た。
さいけん(斉藤)先生の授業では、大勢の前で自分の意見を言うことが苦手だったけど、今回チームの皆がとても協力してくれたから、少し自信がついた。
ドラマコンテストは、合宿に来る前は(前回の合宿でうまく出来なかったので)少しトラウマだったけど、同じチームのメンバーのおかげで何とか成功させることができて良かった。今回が初めてのコンテストだった人もいるのに、皆堂々と演じていてスゴイなぁと思った。
スポーツやごはん、花火、レクリエーションの時間も楽しかった。新しい友達もたくさんできたし、本当に参加してよかった。
本当にありがとうございました。

合宿を通して、どんなことが印象に残っていますか?理由も含めて教えて下さい。

全部1日1日の行事が楽しくて、1つにしぼれません。

ドラマの練習は、チームで結論(結末)を考えたり、一番チームメイトといる時間が長くて、仲良くなることが出来ました。2日目のスポーツでは、さらに皆と仲良くなることが出来ました。スポーツの時の声掛けフレーズも、使うことができていい体験になりました。Cookingの時間には、チームの人と協力してカレーを作ったので、とてもおいしかったです。
ドラマコンテストでは、各チーム同じ台本とは思えないくらい、それぞれに個性があって、すごく楽しかったです。花火もみんなでわいわい&ギターでSingめっちゃたのしかったです。

合宿全体について、思いをぶつけて下さい。

参加することを決めた時は、まだ少しボヤっとしていました。私はOPETS生ではないし、応募も1人でしたので、とても緊張していました。でも、皆優しいし、たくさん気軽に話しかけてくれ、とてもうれしかったし、安心しました。
英語好きな人とかは、仲良くなったらすぐにFamilyというのが最初はあんまりしっくりこなかったけど、合宿を終えて思うのは、これがFamilyなんだなと納得できました。日本語では言えないことも、英語ならいえたりするので、日ごろの感謝とかも、さらっと言えて、とてもいい言語だなと思いました。それと同時に、私は大学1年だったのですが、周りは先輩ばかりでちょっと気を遣うかなと思ったけど、英語には敬語がないし、みんな一生懸命自分のいいたいことを伝えようとするので、とても、相手を見たりジェスチャーをして、楽しかったです。この合宿は私にとって、とても大きな経験となりました。また次があれば絶対参加したいと思います。

お申し込みはコチラ