自由英作文「言い換え」の方法×3


Q, 大学入試の自由英作文やアカデミックライティングでは、言い換えが大事だと習いました。具体的にどうすれば言い換えの力がつきますか?

 

A, 言い換えの方法は色々ありますが、まずは次の3つのアドバイスをさせて下さい!

 

① 類義語を使う

 

例えば、

 

a cell phone → a mobile phone

buy → purchase

 

のように類義語を駆使するのです。

 

purchaseを「購入する」ではなく「buyの仲間」と考える。

 

conventional「従来の」 = traditional「伝統的な」 = old「古い」 は仲間と考える。

 

こればっかりは普段の努力がものいいます。

 

大学生は、類語辞典(thesaurus(シソーラス))を使う習慣をつけて、コツコツと類義語をセットで覚えていって下さい!

 

② 部分→全体 で考える

 

例えば、

a cell phone → a deviceです。

a dog → an animalです。

Japan → an Asian countryです。

English → a languageです。

tobacco → a product(一つの製品)です。

 

このように、「部分」から「全体」を考えて言い換えの単語を探してみて下さい!

 

③ 文全体を違う文法で書き変える

 

例えば、

 

・be動詞 ⇔ 一般動詞

例) I am rich. = I have a lot of money.

 

・肯定 ⇔ 否定

例) I don’t like to go abroad. = I like to stay in Japan.

 

これも重要な言い換え力です。

 

以上3点。覚えときましょう!

 

 

大学生対象オンライン英語スクール

OPETS(オーペッツ)

ホームページはこちら

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)