TOEIC対策にスピーキングは必要か?


Q, TOEIC対策にはスピーキング必要ないですよね?

 


A,
スピーキングの練習は、TOEICの点数にむちゃくちゃつながります。

 

 

確かに通常のTOEIC(TOEIC L&R)にスピーキングのテストはありませんが、スピーキングの練習がTOEICの点数向上につながる、そのメカニズムも知っておいて下さい。

 

 

まず、英語を話すという作業は、

リスニングして瞬時に相手の言っていることを理解し、
スピーキングで瞬時に自分の言いたいことを声にするという、

「瞬発力」

 

が求められますよね。

 

 

TOEIC試験も、

短い時間の中で瞬時に問題を処理していくという問題構成からすると、瞬発力の試験、といえるでしょう。

 

例えば、

employee benefits 従業員手当
medical coverage 医療保険
paid vacation 有給休暇

のようなフレーズを、

dog ⇒ 犬 

と同じ位の速さで処理しなければいけません。

そして、この高速変換を鍛えるのに、スピーキングはうってつけなのです。

リーディングだけしている人との差は如実に表れていきますよ!

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)