TEAPスピーキング対策


TEAPスピーキング部門満点とった女の子の勉強法

 

 

 

Q, スピーキング試験対策はどうすればいいですか?

 

 

A, 一人練習しましょう!

 

スピーキングの試験が数ヶ月後、数日後という目前に迫っているにも関わらず、

「実践」を積むべくネイティブの先生を探したり、オンライン英会話に走る人がいますが、

 

ちょっと待って下さい!

 

それですぐに力がついて本番で結果が出せるのは、

 

すでに完成されているいわゆる「強者」が、より流暢さをつけるためだったり、

レベルが落ちないように口慣らしするためだったりの場合だけです!

 

間違ってもスピーキングの経験がない人がそんなことをしてはいけません。

 

 

 

そんな人がとるべきは「弱者の戦略」です。

 

①まず、聞かれそうなことをいつくか絞り、それに対する答えを文字化します。

②次にこれを完璧に覚え込みます。

③最後に発音やデリバリーをつけ、徹底的に練習します。

 

以上。つまり「一人練習」で十分なのです。

 

ストックが多いにこしたことはありませんが、

予想が外れたら、無理やりこじつけるのです。

 

この間もTEAPという試験でスピーキング満点を取った生徒さんが、

この方法で勉強していました!

 

是非参考にして下さいね!!

 

 

大学生対象オンライン英語スクール
OPETS(オーペッツ)
 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)