「英語を英語のまま理解」は可能か?


Q. 「英語を英語のまま理解する」なんて可能なんですか?

 

A. もちろん!

 

「英語を英語のまま」とは、イチイチ日本語訳を作らなくても内容が頭に入る状態です。

 

例えば、

 

water→「水」→「水のイメージ」

 

この「→」の時間がゼロになると「英語を英語で理解した」と言えます。

 

これが文になっても同じです。

 

He likes water.

 

高校生以上ならほとんどの人が瞬時に意味を理解できたのではないでしょうか?

 

He likes water.→「彼は」「水が」「好き」→「彼は水が好きという意味内容」

 

「→」の時間はほぼゼロだったと思います。

 

こういった文を地道に増やしていけばいいのです。

まずは今の自分が「英語のまま」理解できる文章をから始めて、

日本語に直さなくても理解できることを実感して下さい。

 

そして徐々に文章の長さ・難度を上げていって、

「英語のまま」スッと入ってくる

 

「単語」を、

「文」を、

 

コツコツ地道に増やしていくのです。

 

英文をインストールしていくイメージです。

何度も何度も音読をしながら。

 

「英語を英語で理解なんて無理」とかいう声に負けず、地道に「I have a dog.」レベルの「スッ」と頭に入ってくる文を増やしていきましょう!

 

 

大学生対象オンライン英語スクール

OPETS(オーペッツ)

ホームページはこちら

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)